国別のオススメVPN

【2024年5月】中国で使えるVPNとおすすめアプリ!違法性や無料VPNの危険性を調査

※記事の一部にPRを含みます。

 

中国渡航時にインターネットを快適に利用したい方必見の情報をお届けします。
中国政府による検閲システム「グレートファイアウォール」により、LINEやGoogle検索などの主要サービスは利用できません。

 

中国から日本のストリーミングサービスやアプリを使いたい。 。 。

中国で使えるオススメのVPNは?

 

この記事では、中国在住の経験者が実際に使用してみて接続安定性が高かったVPNを厳選して紹介。
VPN利用の違法性や無料サービスのリスクについても解説しています。

中国から日本のアプリやサイトを視聴する方法(最短5分で完了)

海外からTVerを視聴する方法(最短5分で完了)
  1. ExpressVPNなどの信頼できるVPNを契約

  2. VPNで日本のサーバーに接続

  3. 使いたい日本のアプリやサイトにアクセス

  4. 中国から日本のアプリやサイトの動画が視聴できる

POINT

当サイトは、2010年から現在まで海外に在住しているVPNヘビーユーザーが記事を執筆。
「10年以上の国内外でのVPN利用経験」「世界の最新VPN情報」に基づき、個人でVPNを利用したい方に向けたVPN特化サイトとなっています。

|中国で使えるオススメのVPN

1.

Express VPN

オススメ度: 9.7 / 10

Express VPN 公式サイト

2.

Nord VPN

NordVPNのロゴ画像

オススメ度: 9.5 / 10

NordVPN 公式サイト

3.

Surfshark

Surfsharkのロゴ画像

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

Contents
  1. 中国のネット規制が厳しい理由
  2. 中国から日本のアプリやサイトにアクセスするにはVPNが必要
  3. 【日本のテレビ番組やウェブサイトが見れる】中国で使えるおすすめVPN
  4. 【利用方法を図解】中国からVPNに接続する手順
  5. 中国で無料VPNを使うリスクとデメリット
  6. 中国におけるVPNの違法性について
  7. 中国でVPNを利用する際の注意点
  8. VPNが中国で使えない・繋がらない時の対処法
  9. 中国渡航時は複数のVPNを用意しよう
  10. 中国国内のVPNアプリ事情
  11. 中国VPNに関するよくある質問
  12. まとめ:VPNを使えば中国からも日本のアプリやサイトが利用可能

中国のネット規制が厳しい理由

中国政府は2003年より、国をあげてネットの検閲システム「グレートファイアウォール」を導入しています。
これにより、海外の主要サイトへのアクセスはほぼ不可能に。

監視対象は以下のようなサービスが中心です。

中国政府の監視対象サービス例

  • ソーシャルメディア
  • アダルトコンテンツ
  • 動画共有サイト
  • 中国政府に批判的な報道機関

特に政治的イベントが重なるタイミングは規制が一層厳しくなります。
日本では当たり前のようにアクセスできるサービスも、中国国内からは閲覧できません。

日本では使えるが中国では使えないアプリ一覧

  • LINE

  • Facebook

  • Instagram

  • X(旧Twitter)

  • Google(Gmail、検索エンジン、GoogleマップGoogle ドライブを含むすべてのGoogleサービス)

  • ChatGPT

  • Chatwork(使用できるが接続が安定しない)

  • Yahoo! Japan(検索, 知恵袋, オークション等のサービス)

  • Amazon

  • Dropbox

  • YouTube

  • Netflix

  • その他の動画ストリーミンサービス(TVer, Hulu, U-NEXT, FODなど)

こうした規制を回避し、自由にインターネットを使うためにはVPNが不可欠です。

 

中国から日本のアプリやサイトにアクセスするにはVPNが必要

VPNとは

VPNの仕組みを解説

VPNとは、Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)の略です。

ウェブサイトやアプリケーションは、IPアドレスと呼ばれるインターネット上の住所的な数値を元に、アクセス元を判別しています。
VPNを利用すればIPアドレスを別のものに変更することができるため、実際のアクセス国ではなくVPNで接続したサーバーの国から訪問しているように装うことができます。

また、通信も暗号化されてセキュリティが強化されるため、情報漏えいやハッキングのリスクを回避することが可能になります。

【図解】VPN接続がある場合とない場合の比較




【図解】VPN接続がある場合とない場合
【図解】VPN接続がある場合とない場合

VPNを使えば、接続元のIPアドレスを隠蔽し、あたかも海外からアクセスしているように偽装できます。
これにより、中国国内に居ながらにしてLINEやYouTubeなどが利用可能となるのです。

 

【日本のテレビ番組やウェブサイトが見れる】中国で使えるおすすめVPN

【オランダからも日本のアプリやサイトが使える】おすすめVPN

中国で使えるおすすめのVPNサービス紹介します。
グレートファイアウォールによる検閲を回避できるVPNを見つけるのは容易ではありません。

今回紹介するVPNは全て、2024年5月に中国国内で利用可能なことを確認済みなので、安心してご利用ください。

|中国で使えるオススメのVPN

1.

Express VPN

オススメ度: 9.7 / 10

Express VPN 公式サイト

2.

Nord VPN

NordVPNのロゴ画像

オススメ度: 9.5 / 10

NordVPN 公式サイト

3.

Surfshark

Surfsharkのロゴ画像

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

注意

無料のVPNを利用する方法もありますが、個人情報漏洩のリスクや通信速度が遅い、中国で利用できないなど安全性や使い勝手に大きな不安があります。
したがって、このサイトでは無料のVPNの使用は推奨していません。

今回紹介するVPNは全て30日間の返金保証が付いています。
そのため、サービスに満足できない場合は、全額返金をリクエストすることができます。

1. ExpressVPN|日本人ユーザーが多い!高速接続の初心者向けVPN

ExpressVPN|日本人ユーザーが多い!高速接続の初心者向けVPN

総合評価:9.7 / 10

中国での利用:

Express VPNは、長年にわたる実績を持つ信頼性の高いVPNサービスです。
世界中で高い評価を受けており、特に日本のユーザーからの支持が厚いことで知られています。

軍事機関や金融機関、政府機関でも採用されている「AES-256 bit」という高度な暗号化技術を使用しており、国内外を問わずインターネットの利用を高い安全性のもとで行うことができます。

世界90カ国以上にまたがる広範な接続地域を提供しており、業界の中でもトップレベルの接続先の豊富さ。
また、3,000以上のサーバーが利用可能で、ユーザーは接続地に困ることがありません。

HDおよび4Kストリーミングにも対応しており、YoutubeやNetflixといった大容量のストリーミングコンテンツも高速でスムーズに楽しむことができます。

【カテゴリー別】Express VPNの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.8 / 10

サーバー数

接続可能国数:90カ国/ サーバー数:3,000+

 9.6 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 8.0 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.8 / 10

ログポリシー

No-ログポリシー

 9.7 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.6 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.7 / 10

BEST

Express VPN 公式サイト

 

2. NordVPN|高い安全性!接続スピードも速い人気VPN

総合評価:9.5 / 10

中国での利用:

Nord VPNは、世界中で高い評価を受けている信頼性の高いVPNサービスのひとつです。

軍事機関や金融機関、政府機関でも採用されている最先端の暗号化技術「AES-256 Bit」を使用しており、セキュリティと安全性は非常に高いレベル。
利用者は世界59ヵ国に位置するサーバーから選択でき、サーバーの総数は5,900以上。

また、4Kストリーミングに最適化された高速接続を提供しているため、高解像度のビデオ視聴やスムーズなインターネット使用体験が可能です。

【カテゴリー別】NordVPNの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.8 / 10

サーバー数

接続可能国数:59カ国/ サーバー数:5,900+

 9.6 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.0 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.7 / 10

ログポリシー

No-ログポリシー

 9.5 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

 

3. Surfshark|コスパ抜群!高い安全性を誇る高性能VPN

総合評価:9.4 / 10

中国での利用:

Surfsharkは、その卓越したセキュリティ機能と迅速な接続速度で知られるVPNサービス。

軍事レベルの暗号化技術「AES-256 Bit」を採用しており、セキュリティと安全性については申し分なし。
世界95カ国にサーバーがあり、利用可能なサーバーの総数は3,900を超えています。

4Kストリーミングに適した高速接続を提供し、高品質な動画視聴や快適なインターネット使用体験を実現します。

【カテゴリー別】Surfsharkの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.5 / 10

サーバー数

接続可能国数:95カ国/ サーバー数:3,900+

 9.6 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.2 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.3 / 10

ログポリシー

No-ログポリシー

 9.5 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.5 / 10

 

Surfshark 公式サイト

 

4. CyberGhost|エンタメ特化!サーバー数が豊富なお手頃VPN

総合評価:9.2 / 10

中国での利用:

CyberGhostは、世界的に人気が高く安価な価格で利用できるVPNの一つです。

軍隊や銀行、政府機関で採用されている最高水準の暗号化技術(AES-256 bit)を採用しており、セキュリティ・安全性は問題なし。

世界91カ国のロケーションが利用可能で、接続できるサーバー数は9,700以上

4Kストリーミングに対応した高速接続であることはもちろんストリーミングサービスや特定サイトに特化した専用サーバーが使える点も大きな魅力です。

【カテゴリー別】Cyberghostの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.5 / 10

サーバー数

接続可能国数:91カ国/ サーバー数:9,700+

 9.8 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.0 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.0 / 10

ログポリシー/ 信頼性

No-ログポリシー

 8.0 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.5 / 10

 

CyberGhost 公式サイト

 

5. ミレンVPN


- 月額料金:396円~1,496円
- 同時接続台数:10台
- サーバー設置数:47か国1,300台以上
- カスタマーサポート:メール・チャット
- 無料トライアル:30日間の返金保証あり

【公式サイト】https://milenvpn.jp/

日本企業「株式会社アズポケット」が運営するMillenVPNは中国からのアクセスに強いVPNサービスです。規制の影響を受けにくいOpenConnect方式を採用し、無料プランでも中国国内からの接続が可能。価格も他社と比較して割安なのが特徴です。

AES-256bitの暗号化とゼロログポリシーで高いプライバシー保護を実現。中国当局の規制強化の影響は受けやすいものの、日本語対応のサポートが安心できるポイントです。30日間返金保証付きなので、まずは接続確認してみるのがおすすめです。

6. UCSS


【料金プラン】
- 年額料金:$36~$108
- 同時接続台数:3台
- サーバー設置数:16か国以上
- カスタマーサポート:メール
- 無料トライアル:なし

【公式サイト】https://www.ucssvpn.com/
※料金は年払い価格

中国専用のVPNとして実績豊富なUCSS。韓国企業の運営で、中国のネット規制回避ツール「Shadowsocks」に特化しているのが特徴です。速度の速さと安定性の高さが現地でも評判。通信量が多いほど高額になる料金体系なので、ヘビーユーザーにはコスパの悪さがネックです。

残念ながら日本語サポートはなく、返金保証もありませんが、中国への渡航が多い方なら候補に入れてみる価値はあるでしょう。

7. スイカVPN


【料金プラン】
- 月額料金:799円~998円
- 同時接続台数:47台
- サーバー設置箇所:世界45都市
- カスタマーサポート:メール
- 無料トライアル:30日間キャンセル無料

【公式サイト】https://www.sukaikavpn.com/

日本企業が運営する中国対応VPNとして人気のWatermelon VPN。長期プランだとかなりの割引率で、月額1,000円を切る価格で利用できます。最大50台までのマルチデバイス接続と日本語サポートが安心材料。30日間はキャンセル無料なので、接続の安定性をまずはチェックしてみましょう。

8. セカイVPN


【料金プラン】
- 月額料金:1,100円
- 同時接続台数:3台
- サーバー設置数:不明
- カスタマーサポート:メール
- 無料トライアル:最大2ヶ月無料

【公式サイト】https://sekaivpn.com/

日本の株式会社インターリンクが提供する信頼性の高いVPN。中国からの接続実績も豊富で、おすすめのサービスです。現状、中国国内からの日本サーバー接続はできませんが、米国経由で問題なくアクセス可能。対応国や設置台数は不明ですが、とにかく中国での接続安定性を重視したい方に最適です。

料金プランは月額定額制の1種類のみ。日本語にも対応しているので、VPN初心者の方でも安心して利用できるでしょう。無料お試し期間は最大2ヶ月間あるので、じっくりと使用感をチェックできます。

9. カベネコVPN


【料金プラン】
- 月額料金:880円~5,760円
- アカウント数:4つ
- サーバー設置数:海外8都市
- カスタマーサポート:メール
- 無料トライアル:2週間無料お試し

【公式サイト】https://cabeneko.com/
※料金は通信無制限プラン

日本のエフネット株式会社が運営するカベネコVPN。中国のネット規制に特化した独自プロトコル「VLESS+Vision」を開発し、安定したアクセスを実現しています。使わない日は自動的にロールオーバーされるので無駄なく活用できるのも魅力。家族利用に便利な4アカウント付きプランもおすすめです。

専用アプリがなくセットアップにやや手間取るのがデメリットですが、2週間の全額返金保証付きなので、気軽に試してみる価値はあります。

 

【利用方法を図解】中国からVPNに接続する手順

オランダから日本のアプリやサイト(ティーバー)を視聴する方法

中国からVPNを利用して、日本のサイトやアプリを利用する方法は以下の通りです。

|中国でVPNを利用する手順

  1. VPNを利用して、日本のサーバーに接続。

  2. 利用したい日本のアプリやサイトにアクセス。

  3. 中国から日本のアプリやサイトが利用可能になる

1. VPNで日本サーバーに接続

1. VPNで日本サーバーに接続

VPNで日本のサーバーに接続します。
ExpressVPNであれば、ワンクリックで3,000以上のサーバーに接続できます。

日本サーバーも豊富なので、中国から日本のサイトやサービスを使いたい際に最適なVPNと言えます。

2. 日本のアプリやサイトにアクセスして、ログイン

VPNを使えば、海外からもTVerが視聴可能になる

※出典:「TVer」公式サイト

VPNに接続した状態で日本のアプリやサイトにアクセスします。

3. 日本のアプリやサイトが中国から視聴可能になる

VPNを使えば、海外からTVerが見れるようになる

※出典:「TVer」公式サイト
※2024年5月動作確認済み

通常、中国からはTVerなどの動画は視聴できません。
しかし、VPNに接続すると、
日本にいるときと同じように中国からも日本のアプリやサイトを見られるようになります。

\【期間限定】30日間無料で使える! /

Express VPN 公式サイト

 

中国で無料VPNを使うリスクとデメリット

VPNには有料サービスと無料サービスの2種類が存在します。
料金を抑えたい人は無料VPNを使いたくなるかもしれませんが、中国で使う場合は大きなリスクが伴います。

【無料VPNのリスク】

  • 通信速度が遅い
  • 運営会社の信頼性に欠ける
  • 個人情報が漏洩する危険性がある
  • いつ規制されるか分からない

無料VPNの多くは広告収入で運営されているため、ユーザーのメールアドレスなどの情報が横流しされるケースもあります。
国家権力による情報開示請求にも対応せざるを得ないでしょう。有料VPNの場合、ノーログポリシーによりユーザーのアクセス履歴などは一切保存されません。

無料VPNの突然の規制で個人情報が漏れた場合、最悪の場合は処罰対象になりかねません。月額数百円程度の出費は、安全性を考えれば決して高くはないはずです。

 

中国におけるVPNの違法性について

中国では近年、VPN規制が非常に厳格化してきました。政府公認以外のVPNの利用は原則として違法とみなされ、発覚した場合は罰金などのペナルティが科されます。

しかし、GoogleやTwitterを使うためにVPNを利用する一般ユーザーへの取り締まりは、そこまで厳しくないのが実情のようです。
むしろ、VPNを使ってSNSで政権批判をしたり、ダークウェブにアクセスしたりする行為が摘発の対象になりやすい傾向にあります。

とはいえ、VPNの違法性自体に変わりはありません。
万が一、取り締まりの対象になった場合のリスクを最小限に抑えるためにも、セキュリティの高い有料VPNを使うことを強くおすすめします。

 

中国でVPNを利用する際の注意点

VPNを利用してオランダから日本のアプリやサイトを利用する場合の注意点

日本のアプリやサイトを使用している間はVPNを接続したままにする

中国国内から日本のアプリやサイトを利用している間はVPNに接続したままにしてください。
利用途中でVPNを切断するとIPアドレスが変更され、日本のアプリやサイトが中国から利用できなくなります。

VPNネコや筑波大学のVPNGateなどの無料VPNは使用しないでください

無料VPNは危険

無料VPNは個人情報漏えいの危険性や、ウイルス感染のリスクがあります。
また、接続スピードも低速なため、快適に動画視聴やインターネットを楽しむことができません。

>>>【関連】VPNネコの危険性に関する記事はこちら

VPNが中国で使えない・繋がらない時の対処法

VPNを利用する上で、接続が不安定になったり、まったく繋がらなくなったりすることも珍しくありません。
そんな時は以下のような対処を試してみましょう。

検証!中国でVPNが繋がらない時のエラー対処法

  • カスタマーサポートに連絡し、状況を確認する
  • 別のVPNサービスに乗り換える
  • 接続先サーバーの場所を変更してみる

大手のVPNサービスは、中国政府による規制の影響を強く受ける傾向にあります。
アクセス状況が悪化した場合は、迷わず他社サービスへの乗り換えを検討しましょう。

接続先のサーバー変更で状況が改善することもよくあります。複数のサーバーを試してみて、最も安定している拠点を探すのがおすすめです。

 

中国渡航時は複数のVPNを用意しよう

中国滞在中にVPNが使えなくなるリスクに備え、普段使い用とバックアップ用の2種類のVPNを契約しておくと安心です。
メインとサブで別々のサービスを使い分けることで、アクセス障害のダメージを最小限に抑えられます。

海外からのアクセスなら比較的自由にVPNの導入作業ができますが、中国国内のネット規制下では厄介な問題にも発展しかねません。
渡航前の準備を怠らないようにしましょう。

今回紹介したMillenVPNとExpressVPNは、中国での接続実績が豊富な定番中の定番。ぜひ最初の候補として検討してみてください。

 

中国国内のVPNアプリ事情

ここ数年、中国国内でもVPNアプリの開発が活発化しています。
以下のようなサービスは中国のApp Storeからダウンロード可能で、根強い人気を誇っているようです。

biubiu加速器などの国産アプリ

  • biubiu加速器
  • 火星加速器
  • 老王加速器
  • HomeCN-VPN
  • VPN快滚
  • 雷霆加速器
  • 蚂蚁加速
  • 鯨魚加速器

ただし、中国当局の監視下にあるこれらのアプリは、常に使用停止のリスクを抱えています。
セキュリティ面での不安も拭えないので、メインのVPNとしての利用はおすすめできません。

どちらかと言えば、サブ的な位置付けで使うのが賢明でしょう。

 

中国VPNに関するよくある質問

よくある質問

中国でVPNは本当に使えるの?

適切なVPNを選べば使用可能です。ただし、中国政府による規制は年々強化されており、大手サービスでも接続に問題が生じることがあります。状況を見極めつつ、柔軟にVPNを使い分けるのがおすすめです。

中国の無料VPNでも大丈夫?

通信速度の遅さやデータ量制限など、無料VPNにはさまざまな制約があります。セキュリティ面のリスクも高いので、できるだけ有料VPNを使うようにしましょう。月額料金を惜しまず、安全性の高いサービスを選ぶことが肝要です。

VPNの使用で逮捕されることはある?

中国ではVPNの使用自体は違法とされているものの、一般ユーザーへの厳格な取り締まりは行われていないのが実情です。むしろ、VPNを悪用した反政府活動などが摘発の対象となるケースが目立ちます。とはいえ違法行為であることに変わりはないため、リスクを最小限に抑えるためにもセキュリティ重視のVPN選びが欠かせません。

中国から日本のアプリやサイトが見れない・エラーが出る場合は?

別の日本サーバーに接続して、再度日本のアプリやサイトへのアクセスを試してみましょう。
例えば、ExpressVPNのような主要なVPNプロバイダーは豊富な日本サーバーを提供しており、万が一の場合でも別の接続先を簡単に見つけることができます。

ただし、VPNサービスによっては日本のアプリやサイトによってアクセスが制限されている可能性があります。
そのため、緊急で視聴したい場合は、別のVPNサービスに契約することもオススメします。

 

まとめ:VPNを使えば中国からも日本のアプリやサイトが利用可能

まとめ:VPNを使えばオランダからも日本のアプリやサイトが利用可能

|中国でVPNを使う手順

  1. VPNを利用して、日本のサーバーに接続。

  2. 使いたい日本のアプリやサイトにアクセス

  3. 中国から日本のアプリやサイトが利用できる

中国でVPNを利用する際は、グレートファイアウォールの最新動向を常にチェックし、アクセス環境の変化にすばやく対応することが求められます。
今回紹介した中国対応VPNの情報は2024年5月のものですが、年々厳しさを増す規制の影響で、突如接続できなくなるケースも考えられます。

VPNを使う際のセキュリティ対策は万全にし、あまり目立った使い方は避けるよう注意しましょう。
そして、アクセス障害に備えて複数のVPNを使い分ける習慣をつけることも重要です。

接続の安定性とサポート面での安心感を兼ね備えた総合的なおすすめVPNは、ExpressVPN

30日間の返金保証も用意されているので、まずはお試し利用してみるのが賢明でしょう。

 

BEST

総合評価:9.7 / 10

Express VPN 公式サイト

 

|中国で使えるオススメのVPN

1.

Express VPN

オススメ度: 9.7 / 10

Express VPN 公式サイト

2.

Nord VPN

NordVPNのロゴ画像

オススメ度: 9.5 / 10

NordVPN 公式サイト

3.

Surfshark

Surfsharkのロゴ画像

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

-国別のオススメVPN